スターバックス ラテの値段やカロリー!おすすめカスタムも紹介

スターバックス

スターバックスにはいろいろなスイーツやフードのメニューもありますが、人気はやはりコーヒーなどのビバレッジメニューです。

その中から今回注目するのは、エスプレッソビバレッジの定番として高い人気を維持し続けている「スターバックスラテ」。

エスプレッソにたっぷりのスチームミルクを入れフォームミルクがトッピングされた商品です。

価格だけでなくカロリーやおすすめのトッピングもご紹介します。


スポンサードリンク

スターバックス ラテの値段 サイズごと

「スターバックスラテ」には4つのサイズがあり、ミルクも標準以外に低脂肪乳や無脂肪乳に変更ができます。

そして、このミルクの変更に追加の料金はかかりません。

標準のミルク、低脂肪乳、無脂肪乳の場合の価格

  • ショート415円(税込)
  • トール 455円(税込)
  • グランデ 500円(税込)
  • ベンティ 545円(税込)

追加料金が必要なのは、ミルクを豆乳やアーモンドミルク、オーツミルクといった植物性のミルクに変更する場合です。

この時には、それぞれのサイズの価格に+55円の追加料金がかかります。

また、ここで紹介しているショートサイズは店頭での注文が可能ですが、店頭のメニュー表には表示されていませんのでご注意ください。


スポンサードリンク

スターバックス ラテのカロリーは高い?糖質は?

スターバックスラテは、リッチ風味のエスプレッソにたっぷりのスチームミルクを注ぎフォームミルクをトッピングしたラテです。

ただ、その分カロリーや糖質の量については気になるところでしょう。

ホットの場合とアイスの場合に分けて表示しますのでご確認ください。

ホットの場合のカロリーと糖質

  • ショート カロリー148Kcal 糖質12.0g
  • トール カロリー223Kcal 糖質17.7g
  • グランデ カロリー283Kcal 糖質23.1g
  • ベンティ カロリー357Kcal 糖質29.4g

アイスの場合のカロリーと糖質

  • ショート カロリー103Kcal 糖質8.6g
  • トール カロリー125Kcal 糖質10.2g
  • グランデ カロリー161Kcal 糖質13.7g
  • ベンティ カロリー166Kcal 糖質14.9g

カロリー・糖質ともにホットに比べアイスの方が低い結果となりました。

また、カロリーが特に気になる時期には、低脂肪乳や無脂肪乳へ変更すればもっと抑えることも可能です。


スポンサードリンク

カスタマイズのおすすめをご紹介

スターバックスラテは、エスプレッソとミルクのみのとてもシンプルな飲みものです。

ただ、だからこそカスタマイズを工夫することでその楽しみの幅は無限に広がっていきます。

ここからは、そんなスターバックスラテのあらたな可能性が感じられるおすすめのカスタマイズをご紹介していきます。

優しい甘さで癒やされたい時にオススメ「ハニーラテ」

元のスターバックスラテには全くシロップが入っていません。

そのため、そのままでは甘さを感じることは不可能です。

しかし、時には少し甘さが欲しいと思うこともあるでしょう。

そんな時には、優しい甘さで身も心も癒やしてくれる「ハニーラテ」がオススメです。

そして、なぜ甘さを加えるためにはちみつをおススメするかについては、栄養価が高く疲労回復や風邪予防なども期待できるためです。

では、注文方法と価格です。

  • スターバックスラテを注文して、無料のはちみつを追加してください。
  • ホットでの注文をおすすめします。
  • トールサイズで455円です。

キャラメル?チョコ?それともダブル?

ほど良い甘さが欲しいという方には、無料のチョコとキャラメルソースのトッピングがオススメです。

お好みでどちらか一方のソースを選んでも良いですし、どちらも大好きという方であればWトッピングもできます。

私の好みでは、さらにホイップを追加して楽しみます。

  • スターバックスラテを注文し、無料のキャラメルソース又はチョコレートソースを追加します。
  • 価格はトールサイズで455円。
  • 私の好みであるホイップを加えても510円です。

ラテのコクを楽しみたければ氷の量の調整を

氷の量を少なくするのは、スターバックスラテで最も多くの方が実践している定番のカスタマイズです。

ただ、それだけ誰もが実感できるほど効果的で楽しめるカスタムと言えます。

氷が少ないとミルクの量が増えるので、ラテの濃厚さとミルクのコクが最後まで味わるようになります。

  • アイスのスターバックスラテを注文し、氷少なめとミルク多めを頼みます。
  • どちらも無料でできます。
  • 価格はトールサイズで455円

これぞ王道、「バニララテ」

バニラシロップを追加するこのカスタムは、スターバックスラテのカスタムの中でも王道と言われているほど有名なものです。

そして、それだけに最初チャレンジするならまずはこの「バニララテ」をおススメします。

コーヒーの中に優しいバニラの香りが感じられ、とてもリッチな気分が味わえるでしょう。

  • スターバックスラテを注文し、バニラシロップを追加します。(+55円)
  • シロップの量は追加料金なしで増量もできるので好みで調整してください。
  • 価格はトールサイズで510円です。

健康が気になる方も納得の「ヘルシーラテ」

こちらのカスタマイズはミルクを豆乳に変更したもので、「ソイラテ」という名前で大変人気の商品です。

豆乳と聞くと、あの独特の匂いを想像して合わないだろうと不安になる方もおられるかもしれません。

しかし、スタバで使用されている豆乳は、オリジナルの調整豆乳で独特の匂いは抑えられています。

そのため、エスプレッソとの相性についても全く心配いりません。

それどころか豆乳のまろやかさとほのかな甘みによりこれまでのラテとは違う新たな味わいが楽しめます。

そして、豆乳にはイソフラボンなどの栄養素が含まれているので、女性や健康を意識している方におススメのカスタムです。

  • スターバックスラテを注文し、豆乳への変更をします(+55円)
  • お好みではちみつを追加してください(無料)
  • 価格は、トールサイズで510円です。

スポンサードリンク

まとめ

今回は、スターバックスラテについてご紹介してきました。

これから挑戦してみたいと思ったカスタムや、すでに実践していて共感できたカスタムはあったでしょうか。

次回注文する時に今回紹介したカスタムが、1つでもみなさまの頭の中に浮かんでくれれば幸いです。

そして、スターバックスラテは、店舗以外にもインスタントやチルドカップなどいろいろな形で市販もされています。

そのため、他の商品にくらべて自宅や勤務先でも簡単に楽しめます。

店頭での注文以外にも自宅でしかできないカスタムに挑戦するなど自分オリジナルを探してみるのも面白いのではないでしょうか。


スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました