南里研二の学歴や経歴を紹介!出身高校や大学情報(東京五輪セーリングレーザー級(男子))

2008年北京五輪以来、3大会ぶりに、セーリング男子レーザー級の五輪出場が決まりました。

セーリング男子レーザー級の代表に選ばれた南里研二さんは、どんな経歴でどこの出身なのでしょう。

この記事では、そんな南里研二さんの学歴や出身高校、経歴などをご紹介していきます。


スポンサードリンク

南里研二さんの学歴・出身校

南里研二さんはどのような学歴をお持ちなのでしょうか。

プロフィールから出身校や、子供の頃のエピソードなどについて調べていきたいと思います。

南里研二さんのプロフィール

氏名  南里研二(なんりけんじ)
生年月日  1992年6月8日
出身地  佐賀県佐賀市赤松町
身長  190cm
体重  81kg
血液型  O型

南里研二さんの学歴・出身校

調べてみた所、南里研二さんは大学には進学されていませんでした。

高校卒業後は、佐賀県ヨットハーバーに勤務していましたが、2018年に百五銀行の所属となりました。

高校は佐賀県立唐津西高校出身です。

唐津西高校のヨット部に所属していました。

高校時代からヨットで活躍されていたので、専念するために大学進学はしなかったのだと思います。

東京五輪代表のセーリング男子470級の岡田奎樹さんも、唐津西高校ヨット部所属で南里研二さんの後輩にあたります。

岡田奎樹さんの学歴や経歴はこちら

 

中学校は佐賀市立城南中学校出身です。

小学校に関しては情報がなかったのですが、城南中学校に通う学区の小学校は、佐賀市立赤松小学校、佐賀市立北川副小学校、佐賀市立本庄小学校です。

南里研二さんは赤松町ご出身ということで、佐賀市立赤松小学校が母校ではないかと思われます。

南里研二さんの子供時代とご家族情報

南里研二さんは子供の頃、父親と一緒にクルージングをされていたそうです。

小学校3年生の時に、玄海セーリングクラブに入り、競技を始めます。

同じ高校のセーリング男子470級の岡田奎樹さんも、玄海セーリングクラブに入られていたそうです。

子供時代のことや現在、結婚されているかなどの情報は、調べても出てきませんでした。

東京五輪にも出場しますので、今後注目を浴びて、どんどん情報が出てくることでしょう。

その時を楽しみに待ちたいと思います。


スポンサードリンク

南里研二さんの経歴

10代の頃から、セーリングで数々の素晴らしい成績を残している南里研二さん。

そんな南里研二さんは、どのようにセーリングと出会い、どのような実績があるのでしょうか。

セーリングとの出会い

小さい頃から父親と一緒にクルージングをされていた南里研二さんは、父親のすすめで小学3年生から玄海セーリングクラブに入り、OPディンギーを始めました。

OPディンギーとは、全長2.3m、全幅1.13mの小さなヨットで、15歳までの子供だけの種目です。

ちなみに現在の南里研二さんの種目レーザー級は、全長4.23mと約倍の大きさです。

高校に入ってからは、競技としてセーリングを始め、そこから様々な大会で素晴らしい成績を収めていきます。

経歴・エピソード

高校でヨット部に入り、本格的にセーリングを始めた南里研二さん。

高校1年生から毎年国体で優勝、国体少年男子初の3連覇を達成しました。

高校卒業後は、佐賀県ヨットハーバーで働きながらオリンピックを目指し様々な大会に出場します。

2012年にはドイツで開催されたレーザー級五輪予選に出場し、日本人トップとなりますが、国枠が取れず、ロンドン五輪への出場はできませんでした。

また4年後のリオデジャネイロ五輪でも、レーザー級は国枠を取れず、またもや日本人トップでありながら、五輪への出場は叶いませんでした。

レーザー級は世界で最も普及している1人乗りディンギーで競争率も高く、国枠を取るのにも苦労する競技のようです。

2018年には百五銀行に所属し、練習の拠点を津市ヨットハーバーに移します。

日本代表選考レースの1つである2019年7月鳥取で行われた世界選手権で、日本人トップの57位となり、五輪出場枠を獲得しました。

主な戦績

高校時代から、国内トップクラスの地位を築いてきた南里研二さんの主な戦績は、以下の通りです。

  • 2011年山口国体成年男子シングルハンダー級2位
  • 2012年岐阜国体成年男子シングルハンダー級2位
  • 2013年東京国体男子シングルハンダー級2位
  • 2014年長崎国体成年男子シングルハンダー級優勝
  • 2016年岩手国体成年男子レーザー級優勝
  • 2018年世界選手権レーザー級74位(日本人2位)
  • 2019年世界選手権レーザー級57位(日本人1位)
  • 2020年世界選手権レーザー級63位(日本人1位)

東京五輪では国枠も獲得、選考会総合得点トップの南里研二さんが、五輪代表の権利を獲得しました。

国枠が確保されず、2度も五輪出場を果たせなかった南里研二さんが、今回東京五輪の代表として、出場する権利を得ました。

高校卒業後からオリンピックを目指し、3度目にやっとつかんだ五輪出場権、あきらめずにやってこられた努力のおかげですね。


スポンサードリンク

まとめ:南里研二の学歴・出身校と経歴

今回は、南里研二の学歴や経歴を紹介!出身高校や大学情報(東京五輪セーリングレーザー級(男子))について、ご紹介しました。

小学3年生からヨットを始め、高校から本格的に競技としてセーリングと向き合うようになった南里研二さん。

高校時代から素晴らしい成績で、常に国内トップクラスの地位を守ってきました。

国枠が取れずに2度も五輪出場を断念しましたが、今回、東京五輪では男子レーザー級の代表として出場の権利を得ました。

海外の選手にも引けを取らない恵まれた体格で、強風にも負けず、東京五輪でも活躍してくれることでしょう。

東京五輪の後は、南里研二さんが慣れ親しんだ三重県での国体も控えています。

ぜひ、今後の活躍も期待したい選手です。


スポンサードリンク